So-net無料ブログ作成
993カレラ ブログトップ
前の10件 | -

クーリングファンのインペラとファンハウジングの干渉 [993カレラ]

まだ梅雨は続きそうで山道は土砂で一杯でしょうし、先日(6月17日)八王子に行ったら直径1cmくらいのヒョウが降ってくるなど天候が急変するのでまだドライブにはあまり行きたくない感じです。
ということで、エンジンルームを見ていたら、クーリングファンのインペラとファンハウジングが干渉しているみたいです。
買ったときからのような気もしますが、そうでもないような気もするので、現状を載せておきます。
cooling fan IMG_1537.jpg
cooling fan IMG_1536.jpg
今後進展するようなら、そのうち修理に持っていきたいと思っております。

OD 64252km

993 エアコン&エンジンルーム内ブロワーファン [993カレラ]

この前、うなぎドライブのときに993のエアコンの話をしていたところ、
以前993RSに乗られていたぽるさんから、月に1度はエアコンスイッチ入れないとパッキンが縮んでガス漏れするってドライバーズマニュアルに書いてあったと思うよ と伺いました。
自分の993には当初はドライバーズマニュアルは付いていなかったのですが、納車されて数日後に、フューエルリッドの開け方がわからなかったので、購入した中古車屋の社長さんに電話して教えて貰ったときに、エアコンのコントローラーの使い方も良く分からないんでゴニョゴニョって色々聞いていたら、「じゃあ、メカニックが持っていたらドライバーズマニュアル送りますよ。」って言ってくれて、数日後にレターパックで送って下さいました。もはやヤフオクとかで3万円くらいするらしいので大事にしてくださいねって言ってました。
ドライバーズマニュアル 20bda9.jpg
(写真はネット上から引用しました)
で、それ以来あまり見ていなかったのですが、ぽるさんに言われたので確認してみたら、確かに、そう書いてありました。まだ間に合うのかどうかは解りませんが、
 これからは、月に1度はエアコンのスイッチを入れるようにしたいと思います。

あと、エンジンルーム内のブロワーファンについても以下のことが書いてありました。
「イグニッションが少なくとも30秒間ONに回された後は、エンジン停止後も、コントロールユニットが最低15分間、油温をモニターします。この間に、油温が75°Cを超えると、リアファンは最も遅い速度で回転し、油温が70℃以下になると切れます。
油温は更に15分間モニターされます。この間に限度を超えない場合、コントロールユニットはエンジン油温のモニターを終了します。」ってことらしいです。
ただし、油温だけでなく、エンジンルーム内のブロワー通路の温度もモニターしていて、こちらは95°Cだと思います(ネット上の情報及び先日の実験で確認)。

あと、油温計ですが、ネット検索での情報ですが、最小目盛が50°C、次の目盛が65℃、3つめの目盛が92.5℃、水平より少し下で100°Cらしいです。
油温計.jpg
(元画像はネットから引用)
この前のドライブで水平近くにいたのに、キーオフ後にブロワーファンが回らなかったけどなんでだろう?

ブロワーファン(エンジン停止後の作動)について(その後) [993カレラ]

以前から気になっていたエンジン停止後のエンジンルーム内ブロワーファン(電動ファン)の動作ですが、300°Cまで測れるデジタル温度計を思いついて購入したので、実験してみました。
アマゾンとかの通販で買おうと思ったのですが、宅配便の人も忙しくて大変そうだし、単価も安くてお店の人にも儲けが少なくて申し訳ないので、在庫を事前に確認しておいて、昼食のついでに近所のドンキまで歩いていって買ってきました。-10~300°Cまで測れて、950円でした。
クッキング用のこんなの
デジタル温度計 41ZW274coHL._SL1000_.jpg
前回までの状況は、自分の993は、エンジン停止後、やまどんさんの993(2台)に比べて電動ファンが動作し難いようでした。念のため、ブロワ通路に刺さっている温度センサのコネクタを外してみると(温度センサが断線したのと同じ状態)、電動ファンはバンバン回っておりました。また、温度センサーの先端をドライヤーで温めると電動ファンが回りだすことまでは確認しておりました。
フェイルセーフの考え方からすると、センサが断線したときには、エンジンが壊れないように、電動ファンをバンバン回すように制御されていると思われるので、自分の993のように、回り難いということは正常な方向にいるはずとは思っておりました。しかしながら、同じような走りをした後、休憩中に、お隣で電動ファンがブオーンと回っているのも見ると、いつも心配でしかたなかったのです。
今回、ドライヤーで温度センサの先端を温めてみたところ、95°Cくらいで電動ファンが回り出すのを確認できました。
というとで、多分正常な感じなので安心できまました。

ちなみに、前に調べたままですが、993はエンジン停止後20分間くらいは、エンジンルーム内のブロワーの温度センサが95℃だか70℃以上を検知すると、ブロワーファン(電動ファン)を回して冷却するようになっているそうです。回転数はレジスタで制御するようです。
ですので、やまどんさんの993はティプトロなので、もしかしたら、70°Cとかで回るように設定されているのかも知れません。

ブレーキ交換後の試走 [993カレラ]

少し時間ができたので、ちゃんと交換できたかをチェックに近所を試走してきました。
異音や振動などはなく、普通に走れてブレーキも凄く効いてました。
新品だからか、摩擦係数が上がっているのか、かなり効いてます。今のところ、キーキー音もなく良好です。
ブログ用 IMG_1351.JPG
いつものダムでちょっとだけ休憩した後、裏津久井湖をぐるっと回って、ぶらぶらしてから、いつもの釜飯屋で釜飯を食べて帰ってきました。ダムから出るときにジネッタG12とすれ違いました。
ブログ用 IMG_1352.JPG
今日は、かに釜飯にしてみました。やっぱり、釜飯は美味しいです。
午後は、また仕事です。
今日は暖かかったです。

ちなみに、次回のデフオイル交換(交換サイクル3000km)  64500km
エンジンオイル交換(交換サイクル5000km) 66500km
です。
今、63200kmなのですが、夏ごろにデフオイルを交換するのは考えものなので、今冬の間に済ませるのが良さそうです。エンジンオイルは、来年の冬に交換します。

ブロワーファン(エンジン停止後の作動)について [993カレラ]

以前から気になっていたのですが、先日のドライブの途中でも、やまどんさんの993はエンジン停止後にブロワーファン(電動ファン)がバンバン回っているのに、自分の993は回っていません。
今回は相当に気になったので少し調べてみました。
993はエンジン停止後20分間くらいは、エンジンルーム内のブロワーの温度センサが95℃だか70℃以上を検知すると、ブロワーファン(電動ファン)を回して冷却するようになっているそうです。回転数はレジスタで制御するようです。
ちなみに、下図のブロワー通路(符号20)に取り付けらられる符号10がレジスタで、その上に符号なしで描かれている円状のボス部に温度センサは取り付けられています。レジスタは前に交換済みです。
ブロワーファン.JPG
簡単に作動するかチェックしてみました。
エンジンをちょっと回して停止させた後、ブロワーファンは停止しております。しかし、温度センサに接続されているハーネスを外すとバンバン回り出しました。
ということで、温度センサ以外は大丈夫そうなので、今度はハーネスを接続して、温度センサを捻って外し、ドライヤーであぶってみました。
すると、20秒ほど暖めたところで、ブロワーファンが回り出しました。ここ最近、温度調整ツマミをcool maxに設定していたのが原因かと思って(始動時にはキーオン位置ではcool max位置だとファンは回らないので)、cool max位置でも試してみましたが、ちゃんとファンは回りました。
95℃まで計れる温度計がないので、何度でファンが回り出したのかは不明ですが、まあ大丈夫そうな気がします。
前に日の出さんでクイックチェックしたときにオイルクーラーの低速ファンが回っていないのを動くように治してからは、油温がかなり低い感じなのでエンジン停止後にブロワーファンが回り難くなって、そのせいで、以前はもっと回っていたのに最近回らないと感じていたのかも知れません。

やまどんさんとの違いはMTとATの違い?
しかし、まだ温度センサの劣化も考えられますので、もし100度以上まで計れる温度計を入手することがあったら確認したいと思います。
ちなみに、上記実験でドライヤーで温度センサを暖めているるときに前にも同じことをした記憶が蘇ってきたのですが(デジャブではありません)、最後どう落ち着いたのかを思い出せないので、今回は備忘録に記しておくことにしましtた。

シフトノブ [993カレラ]

自分のPさんには、買ったときから、RS用の高級シフトノブが付いてます。
こんなの
シフトノブ.jpg画像はイメージです。
いままで外し方が解らなかったので外していませんでしたが、今回、初めて外してみましたら、軽いこと軽いこと
中身は発泡スチロールか何かでしょうか
重いとシフトが抜け易くなるので軽くしてるのでしょうかね
大昔にシフトノブを交換したらそれまで抜けなかった道でスコスコシフトが抜けるようになってしまって、手で押さえながら走ったのを思い出しました。

今年もそろそろ開幕したくなってきましたが、どこへ行きましょうか?
伊豆方面なら雪は大丈夫でしょうか?

デスビのオーバーホール未遂(ディストリビュータ、デストリビュータ) [993カレラ]

ツインデスビを繋いでいるベルトが切れると、点火タイミングが目茶苦茶になって、エンジンが溶損してしまうらしいので、懸念事項となっておりました。
993オーナー様達のDIYの様子を参照させて頂きますと、ギヤを抜くのに専用工具を作成しないと厳しそうでしたので、DIYは諦めて、本日、厚木の日乃出さんにオーバーホールしてもらいに行ってきました。
で、分解してもらったのですが、もうオーバーホールされているとのことでした。ベルトの他にも、ベアリングも交換済みで丁寧にやってあるので今はOHは不要とのことでした(デスビキャップ、ローターも交換済みとのことでした)。手間ばっかりかかって、儲けがなくなっちゃってホント済みませんでした。
ただ、下側のデスビキャップの中央部分(コイルからのコードが接続される部分)の根元(樹脂ケース)が割れてぐらぐらしているとのことで、火花が飛ばないことはないけど、心配なのでここだけ新品交換してもらいました。
下側(左側)のデスビキャップ交換 
デスビキャップ993.jpg画像はイメージです。
後、10年(室内保管の場合、外だと5年)或いは3万キロくらい走ったら来て下さいとのことで、安心しました。

さて、暖冬とはいえ、この前雪が降ってしまったので、山は凍結防止剤で一杯でしばらくは走れないでしょうから、今年も馬に乗せて何かしようと思います。
でも、昨年はいろいろあって、1年間で1800kmくらいしか走っていないので、デフオイルと、昨年買ったけど交換しなかったステアリングラックブーツくらいでしょうか。このブーツも、ワイドさんのHPとかみると交換後、たちまち破けちゃったみたいな例もあるので、破けるまで待った方が良いような気もして、いまいち気乗りはしません。

デスビキャップ交換時OD    61491 km

空冷ポルシェの燃料給油方法? [993カレラ]

Pさんにはまったく乗っておりませんが、元気にはしております。
ようつべに空冷911の面白い動画がありました。
その中で、給油中に頻繁に給油がストップしてしまって、うまく給油できないのを解消する方法が紹介されておりました。
2分30秒からです。
https://www.youtube.com/watch?v=X_UHIqUlC9k

恥ずかしながら、くねくねドライブの日の早朝に給油したときに、何度もストップしてなかなか給油できないので、握りを少しだけにしてチョロチョロ給油していたら、気がつくと5分くらい給油してることがありました。
給油ガンをぐるっと反対側にするだけのようですが、うまく行くのでしょうか?
今度試してみようと思います。

タイヤ交換に行って来ました [993カレラ]

新品タイヤを無理やり車に積み込んで、ネットで探したお店にタイヤ交換に行って来ました。
淵野辺のworksというお店です。
作業中ずっと話しをしてしまいましたが、割と若い方のようですが、車好きのようで、作業もバッチリでした。
今回はメーカー直送になるので納期不明と言われたので無理にはしませんでしたが、直送しても2週間は保管してくれるみたいなので、いつになるか分りませんが、次回は直送させて頂こうかと思います。
ちなみに、
タイヤは、ダンロップ Direzza ZII star specです。
製造週は、フロントが0715で、リヤは0815でした。
フロント Z2 IMG_0744.JPG
リヤ Z2 IMG_0745.JPG

明日は天気も良さそうなので、慣らしがてらに、花の里にでも蕎麦でも食べに行こうかと思っております。
memo OD 59771km

タイヤ届きました [993カレラ]

車を買ったときについていた、7,8年物のミシュランPS2ですが、フロントはまだ山があるのですが、後ろタイヤの山がそろそろスリップサインが出てしまうので、全輪交換しようか、後ろだけ交換しようか、銘柄はどうしようかなどと悩んでおりました。
PS2も魅力的だったのですが、ハイグリップにも憧れるので、悩みに悩んで、お買い得感があったZIIにしてしまいました。
平野タイヤさんで、期間限定キャンペーン?みたいなのをやっていたので買っちゃいました。
タイヤ Z2 20150315 IMG_0665.jpg
アジアンタイヤは、PINSOと595RS-Rを前の車でも試したのですが、横方向のグニャリ感が否めないので、後ろの重たいRRでグニャリはちょっと怖そうなので、やめておきました。
そのうちに組み替えに行きますが、993にタイヤ4本も積めるのでしょうか?
→なんとか積めそうです。あと1本は助手席です。
タイヤ積み込み IMG_0685.jpg
前の10件 | - 993カレラ ブログトップ